マイホーム

家の固定資産税はいくらかかる?

マイホームを建てるのであれば、家を持つことで固定資産税を支払わなければならないことを理解しておく必要があります。所有している建物や土地に税金がかかることになるので、実際に支払うことになったときに焦らないようにするためにも、あらかじめ平均的な金額や計算方法を知っておくことが大切だと言えるでしょう。

土地の場合は課税標準額に1.4%をかけることで算出することができ、建物の場合は固定資産税評価額に1.4%をかけることで求めることができます。課税標準額は地価公示価格の7割程度であることが多く、これにがけ地や変形地などの土地による補正率や面積をかけたものです。建物の場合はその建物と全く同じものをもう1度建てたときに必要な建築費を算出し、これを居住年数に応じて価値が下がった分だけ補正していくことで評価額が求められます。軽減制度も設けられており、条件を満たしていれば支払いの負担を軽くすることができることを知っておくと良いです。土地については小規模住宅用地であれば6分の1、一般用住宅用地であれば3分の1、建物は新築住宅であれば2分の1の軽減税率が適用されます。

土地の評価額が2,400万円、家の評価額が1,800万円であり、小規模住宅用地で新築住宅を建てたと仮定して計算を行うと、土地には56,000円、建物には126,000円の固定資産税がかかることになるでしょう。一戸建て住宅の平均的な固定資産税は10万円から12万円だとされていますが、もともとの土地や家の価値、居住年数などによって住宅ごとに差があることを理解しておく必要があります。平均的な税額を参考にすることもできますが、一般的な住宅よりも土地や建物が大きかったり、グレードが高い住宅だったりすると、固定資産税も平均値よりかなり高くなることがあるので注意が必要です。

家の固定資産税はこのような計算方法で算出することができるので、マイホームを購入した人やこれから購入する人は正しい知識を身につけておくようにしてください。マイホームを購入すると毎年1月1日時点で土地や建物を所有している人に課税が行われるので、固定資産税について十分な理解がなければ突然の支払いに焦ることになる可能性が高いです。10万円前後になることが多いと言えますが、場合によってはこれよりも高い税金を納めなければならないこともあるので、早いうちに計算を行っておくと焦ることなく納税を済ませることができます。

関連記事
noimg
不動産会社の選び方【部屋探し】

賃貸物件への入居を希望する場合には、不動産会社を利用して部屋を紹介してもらうことになるケースが多いですが、利用するサービスの選び方を間違って...

記事を読む

家
おすすめの住宅ローン【選び方のポイント】

マイホームを購入するときには住宅ローンを利用することになる人が多いですが、初めて利用するときにどれを選べば良いか分からずに悩んでしまう人が多...

記事を読む

noimg
自然素材を利用した家のメリット・デメリット

自然素材を利用した家に住むことにはたくさんの魅力があるとされていますが、実はデメリットがあることも知っておく必要があります。住み始めてから後...

記事を読む

noimg
注文住宅で防音室を作る時の費用と注意点

注文住宅を建てる場合は家族の住まいに関する様々な夢を叶えることができ、思う存分趣味を楽しみたいという理由で防音室を設ける人も多いです。楽器を...

記事を読む

noimg
注文住宅の価格相場は?【下げるコツも紹介】

注文住宅を建てることを検討しているのであれば、スムーズに家づくりを行うためにも、あらかじめ価格相場を知っておくことが大切だと言えます。建築す...

記事を読む

noimg
マイホームはいらない?反対する理由とは

マイホームを持ちたいと考える人が多い一方で、持ち家は必要ないと主張する人も少なくないことを知っておくべきだと言えます。確かに、マイホームを購...

記事を読む

家
工務店の選び方【ポイント】

工務店に依頼してマイホームを建てることもできますが、このサービスを利用して家づくりを行いたいと考えているのであれば、満足度が高い工務店の選び...

記事を読む

noimg
住宅に使用する断熱材の種類とは?違いを解説

家を建てるときには断熱材を選べることがありますが、採用する種類によって特徴や効果が大きく違っていることを理解しておく必要があります。納得でき...

記事を読む